健康的に太りたい 女性

健康的に太れるサプリをご紹介します

太れるサプリを紹介するサイトです

このサイトでは、健康的に太りたい女性に効果のある太ることができるサプリをランキング形式でご紹介します。また、太るための対策法も調べてまとめました。

 

細すぎ、痩せ過ぎていることがコンプレックス。

 

細過ぎて男性の前で、水着姿になるのが嫌だ。

 

久しぶりにあった人に必ず「食べてる?」と言われうんざり。

 

女性らしく、ふっくらした体型になりたい。

 

ノースリーブ、ショートパンツを格好良く着たい。

 

などなど、健康的に女性らしく今より太りたい人に最適なサプリあります。

 

経験や、太るために勉強したことをまとめて記事にしました。ダイエット情報や本は溢れているのに、太るための話は少ないし、痩せて悩んでいる気持ちってなかなか理解されませんよね。私と同じで、痩せ過ぎが悩みの方みんなの参考に少しでもなれば、幸いです。


健康的に太りたい女性が太れるサプリの人気ランキングです

そもそも、サプリで太れるの?と疑問に感じるかたもいると思います。

 

私もサプリなんてまったく信じていませんでした。怪しい感じもしましたし(笑)。でも、ガリガリ痩せていることが悩みで、半信半疑でサプリを飲み始めると、思ったより早く効果が出てきて驚きました。実際に太れた方のお話を聞く機会があり、その方も太れるサプリを使っていて驚きました。

 

私と同じく痩せていることが悩みで、サプリが体質的に合う方もきっといると思います。ランキングは、色々なサプリやプロテインを試した私の経験と、ネットの口コミ、または販売元に実際に電話やメールなどの取材をして、それもランキングに反映しています。

 

サプリで本当に太れるの?

 

2402

ファティーボの特徴

  • 穏やかに効くので健康的に太れました
  • 健康と美容成分たっぷり
  • 女性らしいふっくらした体型になれる
  • 満足度が脅威の91.7パーセント
  • 効果の出る太れるサプリの1位
  • 身体全体にお肉が均等に付きます
  • お腹が減るのが実感できるサプリです

価格 3,500円
評価 評価5
備考 個別相談を受けることができるので、困ったことをはすぐに解決できます
ファティーボの総評

私は太ろうと思い、色々なサプリを試しましたが、このファティーボが一番効率がよく、かつ健康的に太れると思います。

痩せ過ぎているときは、体の調子が悪いときが多かったのですが、ファティーボを飲み始めると、体の調子が常に上向きでした。ニンクサプリや、すっぽんサプリなどのTVCMでよく見る「朝はすっと起きれて、一日中動ける」という宣伝文句のように、アクティブに過ごすことができました。

それと、サプリを飲み始めると、常にお腹が空いているのが実感できるようになりました。自然と3食きっちり食べることができるようになりました。

そしてファティーボは吸収力も上げてくれるので、3食きっちり食べて、あますことなく体全体で吸収してくれたら、太らない訳がありません。一番心配だった、お腹だけにお肉がつくぽっこり体型にはならず、体全体にお肉が増えたようです。

個人差もあるとは思いますが、ファティーボの満足度91.7パーセントから考えても、多くの方が健康的に太れるサプリであると思います。私も効果を実感できたので、自信を持って推薦します。

プッチェ

プッチェ Puccheの特徴

  • 脚や腕を出すおしゃれを楽しみたい女性向きです
  • 甘くて美味しいペースト状
  • 一日一回食べるだけ
  • 脂肪を取り込む力が大幅にあがります
  • 多数の有名雑誌への掲載実績あり
  • ユーザー満足度93.7パーセント
  • 返金保証が180日間と長く、気軽に試せます

価格 5,334円
評価 評価4.5
備考 女性専用サプリだから、女性らしい体型が目指せる
プッチェ Puccheの総評

プッチェは脂肪を取り込むサプリですので、まさにふっくらした女性的な体を目指すのに最適なサプリと言えると思います。

サプリというより、正確に言えば健康食品で、一日一回食べるだけです。早く太りたい場合は、一日3回を限度に食べる回数を増やせばいいでしょう。

そももプッチェ自身が脂肪のかたまりなのです。と、言っても天然で上質で健康にいい脂肪です。さらに、マルトデキストリンという血糖値を上昇させる成分が配合されています。血糖値が高い状態で栄養を取り入れると、脂肪に変わりやすいのです。

つまり、プッチェ自身に女性らしく太るために必要なものが詰まっているのです。

プッチェを愛用している方の口コミをみると「ノースリーブが着れるようになった」「ホットパンツが履けるようになった」と、女性らしい体型になり、楽しい毎日を実感している方がほとんどです。

ただ、プッチェだけを食べればいいの?と勘違いされる方が多いのですが、違います。プッチェは置き換え食品ではないので、プッチェを食べた上で、しっかり食事は食べるようにしましょう。

ウエイトナチュラ+の特徴

  • 一日2粒飲むだけ
  • 和漢配合で、体質改善を目指します
  • 消化酵素配合で、吸収と代謝のサイクルを促す
  • 代謝の質をあげ、体温をあげます
  • 食べた分だけちゃんと太れる体が作れる
  • マルチビタミン配合で体の調子を整えます
  • 副作用の心配はありません

価格 4,980円
評価 評価4
備考 販売元は、バストアップのサプリで有名な会社です
ウエイトナチュラ+の総評

ウエイトナチュラは、一日2粒飲むだけ。とても簡単なので、続けることができます。さらにコストパフォーマンスもよく、一日あたり133円。サプリを買うのではなく、食費が増えたと思えば、始めるのに抵抗も減るかも知れませんね。

ウエイトナチュラは、プロテインなどに見られる栄養を摂取して太ると言った考えではなく、体質を根本から変えて、太れる体に変えようというサプリです。ですから、ウエイトナチュラ自体が高カロリーとか言ったことはありません。

穏やかに効きますし、体を和漢やマルチビタミンで作り直そうと設計されているので、じっくり腰を据える必要があります。まずは3ヶ月、できれば6ヶ月から1年は様子を見続ける余裕が必要です。

ただ、口コミなどをみると3ヶ月ぐらいで3キロ、半年ぐらいで6キロ太れたという人もいるので、体質的にあえば、以外と早く太れるかも知れません。

時間はかかってもいいので、健康を一番に考えて太りたいという方に一番おすすめしたいのがウエイトナチュラです。

私が一番おすすめしたいのは1位のファティーボです

ここまで、健康的に太りたい女性向けの太れるサプリをご紹介し、解説してきました。この中でも、実際に太ることができた私がおすすめするのは1位のファティーボです。

 

1番のおすすめファティーボです

 

女性らしく、と考えたときに、ファティーボ、プッチェ、ウエイトナチュラ、3つのサプリともどれもオススメしたいです。ですが、これに健康的にと条件がつくと、ファティーボが一番効率よく太れると思います。

 

ファティーボは、痩せる人の腸内に留まっていると言われる「痩せ菌」を酵素の力でブロックします。これにより、食べたものの吸収を大幅に上げます。さらに、代謝をあげる「ぽかぽか成分」。イキイキと活動できるようにマカなども入っています。

 

ファティーボを休ますに飲んで見ればわかりますが、一日中疲れを感じることなく活動できます。活動すれば自然とお腹も空きます。以前だったら、食べれない量も食べれたりしますし、食べてもお腹を壊さないように胃腸の調子も整えてくれます。

 

ただ、体質があるので効果がない人もいるかも知れません。が、満足度91.7パーセントですし、ダメだった場合の返金保証もあるので買う前の心配はあまり必要ないです。またファティーボは飲むだけで効果を感じるので、食事の量を増やしたり、激しい運動をする必要がありません。

 

今まで通りの日常にファティーボを足すだけで、健康的に太れる体に仕上げてくれます。

 

また、個別相談もあり、なかなか結果が出ないときなどに相談すると、的確なアドバイスがもらえます。商品に関することだけでなく、痩せ過ぎに関連する相談もOKだそうです。

 

成分、効率、サポートなどをトータルで考えると、やはり1位のファティーボが一番健康的に太れる女性向きのサプリと言えます。

 

ファティーボが一番健康的に太れるサプリです

 

私はプルエルも試していますので、近々記事を追加したいと思います。

太りたい場合、男性、女性、気をつけることは違う?

太りたい場合、男性、女性、気をつけることは違います

痩せたいと思いダイエットに励む人は多いです。しかし反対に痩せすぎていて、太りたいと思っている人も少なくありません。

 

太ることは簡単に思えますが、なかなか体重が増えない人にとっては難しい事なのです。体質、病気、ストレスなど太れない理由や問題は様々ですが、どんな理由にしても健康的に体重を増やす事が大切なのです。

 

男性と女性は元々の身体の作りは違いますが、太るという事に関して基本的には同じ方法で大丈夫です。痩せている人は消費カロリーより摂取カロリーが少ない人が多いです。元の食べる量が少ないのです。しかし急にたくさん食べるのは辛い作業になります。

 

辛くならないために毎日少しずつ増やしていきましょう。いつもの食事に小さいおにぎりやサンドイッチをプラスするなど、無理のない範囲で身体を慣らしてください。無理な人はおやつの時間に食べるなど回数を増やすのも良い方法です。

 

ただし甘い物など糖質の多い食品や揚げ物では健康的には太りません。特に女性は甘い物なら沢山食べられる人もいるかもしれませんが、食事の代わりになる物を選んでください。

 

男性なら食事法と同時に、プロテインを飲みながらトレーニングもおすすめです。筋肉の付きやすい男性は、その分ボリュームが出て見えます。女性も筋肉は必要ですが、綺麗に太るためにウォーキングなどが良いでしょう。ポイントは焦らない事です。3か月から半年くらいを目安に、少しずつ増やす事を目標にします。無理をせず健康的な身体を目指してください。

 

食事にプラスして、サプリメントを補強すると、太れるスピードがあがるようです。

 

ファティーボが一番健康的に太れるサプリです

↑↑ファティーボの公式サイトには、安く買えるお得情報がいっぱいです。損しないためにも、ぜひご覧ください。↑↑


太れない人はなぜ太れないのか?原因を考えてみた

太れない原因とは?

消化と吸収の能力が弱い

太れない人が太れない原因の一番は、胃腸が弱いからです。これは、消化と吸収の能力が弱いから、と言い換えてもいいでしょう。

 

食べたら食べた分だけ体に吸収され、血となり肉となると思いがちですが、実際は違います。吸収率は人によって違うのです。

 

胃腸が弱く、消化と吸収がの弱いと体に栄養が吸収されないので、食べても太ることができません。逆に、太れる人は胃腸が強いので、食べた分だけ、グングン吸収して体を作ってくれます。

 

そもそも栄養が足りていない

ガリガリに痩せている女性は、そもそも食べる量が少ないということがあります。さらに、上に書いたように栄養の吸収が弱い可能性もありますので、悪循環です。

 

食べる量も少ない、摂取カロリーも少ない、吸収する量も少ないでは、太れる要素は一つもありません。特に、子供の頃から痩せている方は、食べる量が少ないにも関わらず、自分の食事量が普通だと思っているので、感覚的に「太れる食事の量」が分からないのです。これも悪循環です。

 

噛む力が弱いと太れません

これは、吸収力とも関係してきますが、噛む力が弱く、しっかり咀嚼(そしゃく)されないと、唾液に含まれるアミラーゼが分泌されませんん。アミラーゼとは消化酵素の一つですが、これが分泌されると、消化、吸収の力がアップされるのです。

 

痩せすぎの人は、咀嚼がうまくできていない場合が多く、アミラーゼが分泌されていないのです。ですから、食事の際は多く噛む事を意識し、唾液を多く出すことを意識して下さい。またアミラーゼは、必要以上に水分を摂取すると、薄まってしまいます。食前と食事中の水分は控えたほうがいいでしょう。

 

さらに、食べ物をよく噛まず、大きな塊のまま胃や腸に運ぶと、痩せている人は胃が強くない分、よけいな負担を胃腸に掛けてしまいます。ですから、よく噛み砕いて細かくしてから胃に運ぶことが大事です。

 

でも、よく噛まずに食べている人でも太っている人いますよね。太れない人と痩せている人では、胃腸の強さが決定的に違のです。彼らは生まれた持った強い胃が、どんどん消化し吸収してくれるのです。これは体質ですから、憧れても仕方ありません。痩せすぎで、太れない人はよく噛む、これを心がけましょう。

 

胃下垂でも太れません

胃下垂
胃下垂とは胃の上部は正常の位置にあるのに、胃の下部が垂れ下がっている状態のことをいいます。胃下垂かどうかを見極めるには、食後のお腹をみるといいでしょう。胃下垂ではない方は、みぞおちあたりが膨らみます。対して、胃下垂の方は、おへそより下の部分が膨らんでいます。

 

では、胃下垂だとどうして太れないのでしょうか?正常な胃は、蠕動(ぜんどう)運動と言って、食べ物と胃液を混ぜるような動きをし、食べ物をドロドロにしますが、胃下垂の胃は蠕動運動がうまく作用しません。そのため、胃に食べたものが長くとどまり、胃の働きが悪くなり、消化の力がが落ち、栄養をうまく吸収できないからです。胃下垂が酷いと、栄養の吸収が、3分の1以下になる場合もあります。

 

さらに胃下垂の胃は、下がった状態にあるので食べ物が入ってきても膨らむ余裕がりません。すぐに満腹感を感じます。これでは多く食べることができません。食べれない、吸収できないでは、こちらも太れる要素がありません。

 

また、胃下垂だと血行不良、便秘、冷え性などに悩むことも多いようです。

 

ストレスを感じている

ストレスを感じている
常にストレスを感じている人も、太ることができません。でも、ストレスで大食いして太る人いますよね?それはその人の胃が生まれ持って頑丈だからです。太れない人の繊細な胃腸はストレスで圧がかかると、まず太ることが出来ません。

 

まず、強いストレスを感じると、コルチゾールというストレスホルモンが発生します。このコルチゾールは血糖値をあげます。人間は高血糖になると、空腹感を感じることがなくなるので、自然と食欲がなくってしまうのです。

 

さらに、ストレスを感じている緊張状態にいると、自律神経のうちの「交感神経」が優位になります。交感神経には、胃腸の動きを抑える特徴があるので、食べても消化不良になり、栄養も吸収されず、ただ排出されるだけです。もうひとつの自律神経である「副交感神経」を優位にすると、胃腸の働きが活発になり、胃腸の働きが活発になります。

 

社会で生きている以上、ストレスフリーな生活は難しいでしょう。ですから、自分にとってのストレス発散方法を見つけおくといいと思います。

 

病気の可能性は?

食べても太れない原因の一つに、病気の可能性もあります。もしかしたら、あなたに自覚症状がないだけで、重大な病気が進行中かも知れません。気になる方、思い当たることがある方は、健康診断を受診するなり、専門医に相談するといいでしょう。

 

ざっとあげますが、太れない原因となる病気には以下があります。

 

バセドウ病

このバセドウ病になった場合は、どんなに食べても痩せていきます。過剰にホルモンが出るので、新陳代謝が上がりっぱなしとなります。

 

糖尿病

糖分が体に吸収されず、尿として排出され続けます。必要な栄養が体に留まらないので、体は太ることが出来ません。

 

ガン

がん細胞はエネルギーを過剰に消費するので、太ることが出来ません。また、精神的なショックから食欲も低下します。

 


太れない人が太る方法とは?

太れない人が太る方法

健康的な肉体を手に入れるためには、高カロリーのものをむやみに摂取するのではなく、食事のバランスに意識を配りながら摂取するのが大切です。

 

太りたいときに気を付けておきたい食事は、炭水化物や脂質を多く摂取しすぎてしまうこと。確かに、炭水化物や脂質は効率よく太るにはうってつけの栄養素です。しかし、炭水化物を摂りすぎると、顔周りやお腹周りにまず脂肪が付いていき、不健康な太り方になってしまいます。脂質は、内臓脂肪や血管へ蓄積し、重大な病気を引き起こす可能性もあることから、過剰な摂取は控えましょう。

 

ポイントは、タンパク質を中心として、炭水化物、脂質の三大栄養素をバランスよく摂ることです。肉、魚、大豆製品をオリーブオイルなどで調理し、主菜とする。炭水化物の他にもビタミンやミネラルも豊富に含むごはんを主食とし、おかずは野菜や海藻などをたっぷりと使った品にしていく。このように献立を立てていくことで、バランスよくたっぷりの栄養を摂取することができます。炭水化物は砂糖ではなく、ごはんやいも類で摂取する。脂質は、オリーブオイルや魚の天然の油を摂るなどして、栄養の質を高めていきましょう。

 

また、小食でなかなか多くを食べることが出来ないという方は、少量頻回食がお勧めです。少しの量を数回に分けて食べることで、結果的に摂取カロリーを増やすことが可能です。

 

バランスの良い食生活は必須です

太るためには、1日の消費カロリーより多くのカロリーを摂取しないと太ることが出来ません。基本、食べても太れない人は基礎代謝が高い傾向にあるので、食べる量が少ない場合があります。

 

まずは、たくさん食べることが必須となります。本気で太りたいと思ったら、摂取カロリーを計算することもいいでしょう。

 

その上で栄養のバランスが大事になります。ではバランスの良い食事とはなんでしょうか?端的に言えば、三大栄養素である炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質をくまなく食べることです。

 

炭水化物(糖質)

ご飯、パン、麺類などです。太るためにこの炭水化物は欠かせません。おにぎりなどを作って、1日に何個も食べるのもいでしょう。

 

また、餅もオススメです。餅は、ご飯よりも消化吸収が2倍以上早く、血糖値が高く脂肪を蓄えやすい食べ物です。さらに、白米よりも食べやすく、より多くの量を食べることができます。

 

目標は自分にとっても必要カロリーから1日400kcalをプラスすることです。

 

脂質

牛肉や豚肉、卵、牛乳などに含まれます。肉類を単体で食べるのが苦手な人は、カレー、シチューなど調理されたものを食べるといいでしょう。

 

ただ、がっしりした体型を目指すなら、脂質は抑え、炭水化物で太るようにしたほうが筋肉は付けやすくなります。

 

タンパク質

良いタンパク質を取ることは、太ることへの近道とも言えます。それはタンパク質が筋肉を作ってくれるからです。

 

タンパク質は肉類、魚類、卵、牛乳、豆類に多く含まれています。もし太るだけでなく、アスリートのようなしなやかな体が欲しいと思ったら、肉類は鳥のささみだけにするなどの気遣いが必要です。

 

食事の量を増やす簡単な方法

誰かと一緒に食事すると、ご飯の量が増える可能性があります。自分では普段食べないご飯を食べることになったり、ペースを合わせるためについつい食べてしまったりするからです。

 

家族全員太っているお家っていらっしゃいますよね。これはまさしく上に書いた通り、誰かと一緒に食べているからです。太っている人同士が作用し合って、互いの食事量を増やしているのです。

 

健康的に太るおすすめの食事方法とは?

上に書いたことと重なりますが、バランスよく食べることが一番です。その中でもおすすめはやはり炭水化物です。そして、炭水化物の中でも一番のおすすめは白米です。

 

白米の量を増やす。これが一番おすすめです。ただ、これだと漠然としすぎているので、具体例をあげましょう。

 

間食しましょう

朝、昼、晩のご飯に加え、食事の回数を増やすのもおすすめです。一回では食べきれなくても、分ければより多く食べれます。そこでオススメなのは、おにぎりや蒸しパン、ヨーグルトやナッツを持ち歩いて、間食するのがいいでしょう。

 

何でも食べましょう

何でも食べることはとても大事です。今まで食べこともがないものにも挑戦してみましょう。多くの食品、食物を食べれば、それだけ多くの酵素を体内に取り入れる可能性が拡がります。

 

体内の酵素の種類が増えれば、胃腸の整うかも知れません。

 

ガンに良いとされる食べ物を食べましょう

デザイナーフーズピラミッド
ガン予防に効果が高い食べ物は、胃腸に優しい食べ物でもあります。太れない人は、胃腸が弱い可能性が高いので、がん予防に良いとされている食べ物を食べるといいでしょう。

 

では、がん予防に良い食べ物とはなんでしょうか?デザイナーフーズピラミッドと言って、発ガン抑制効果が高いとみられる食材を、効果順に並べた表がありあす。これはアメリカでガン予防の食品として、国立ガン研究所が1990年から提唱している食べ物群です。

 

ニンニクをトップして、キャベツ、生姜、大豆などが記載されており、この表に記載されている食べ物があなたの胃腸を健やかに導いてくれるのです。なお、上記の図は「東京都中野区公式ホームページ」さまより引用させて頂いております。

 

腸内環境を整えましょう

腸内環境を整える
体全体の健康を整え、ふっくら健康的に太るには、日々の食事で積極的に酵素を摂取する必要があります。

 

酵素が多く含まれた発酵食品を食べましょう

発酵食品と呼ばれる食品は健康的に太るためには欠かせません。

 

  • 納豆
  • 味噌
  • 塩辛
  • キムチ
  • ヨーグルト

 

キムチ納豆などは、発酵食品の塊ですのでとてもおすすめです。また、上にバランスよく食べましょうと書きましたが、この発酵食品も多くの種類を食べることが大事です。

 

発酵食品なら女性はヨーグルトだけ食べがちです。より多くの酵素を取り入れることが大事ですので、納豆も、味噌も塩辛も食べましょう。大根などの野菜や、果物(キウイ、りんご、バナナ、パイナップル、苺などおすすめ)にも酵素は入っています。

 

また、発酵食品を食べて腸内の善玉菌を増やせば、胃腸の調子が整います。これにより、消化と吸収の力が改善されるので、健康的に太ることができるのです。

 

太れない人は痩せやすい腸内細菌を持っているとも言われています。多くの酵素を摂ることで、この痩せる細菌の対策にもなります。あと、酵素だからと言って、安易に酵素ドリンクの摂取は控えましょう。市販されている酵素ドリンクの多くは「ダイエット」を目的に作られています。

 

食物繊維を摂る

腸内環境を整える両輪として、食物繊維も欠かせません。腸内の残留物を便として排出し、腸内環境を整えてくれます。

 

1日に必要な食物繊維は20グラムほどです。これは意識しないと摂取することができません。食事の時に気を付け、生野菜を多く食べるように、食物繊維をしっかり食べましょう。

 

ジャンクフード、加工食品は食べない

健康的に太りたいのであれば、ジャンクフードや加工食品は食べないことをおすすめします。単純に脂肪とカロリーの多いものを食べれば、太れるというイメージですが、ただ太ればいいということではないと思います。みなさん、なりたい体型のイメージがあり、なりたい自分の姿があると思います。たとえば、上半身だけ太りたいとか。

 

脂肪だらけの体となることは、健康的とはいえず、見た目も痩せ過ぎているときよりよくありません。お腹だけぽっこりのメタボ体型でもいいから、とにかく太りたいと思うのであれば別ですが、健康的な体型を健康的な食事で目指しましょう。

 

サプリで消化と吸収の力を高める

今まで太れなかった人が、食べ物だけで体質を改善するには限界もあります。そして体質改善には時間も必要です。あなたが太りたいのはいつですか?今から体質を改善して1年後か2年後でもいいですか?違いますよね。今ですよね。

 

だったら、多少の投資が必要となりますが、消化酵素が配合されているサプリを摂取するのも一つの手でしょう。

 

食べる順番を意識してみる

食べ順ダイエットって聞いたことあると思いますが、それを逆に応用した食べ順デブエットです。

 

  1. 炭水化物(ご飯、パン、麺など)
  2. タンパク質(肉、魚)
  3. 最後に野菜、汁物

 

運動もしましょう

太るには運動も必要です
より効率的に太りたい方は運動もオススメです。ウォーキングかストレッチなどの軽い有酸素運動でもいいですが、筋トレが理想です。

 

太るとは、脂肪を増やすか、筋肉を増やすか、この2つしかないからです。食事だけで太るのは、脂肪だけで太ることになります。

 

全身を鍛え、筋肉を増やして太ったほうが、かっこいいスタイルになりますし、見た目も全然違ってきます。また、大胸筋などを鍛えれば、バストの土台が鍛えられ、見た目が大分違ってきます。

 

かっこよく太るなら、筋トレ欠かせません。また、太る太らないに関わらず、運動不足の解消はあなた自身の健康維持に大いに役立ちます。

 

写真の女性はダンベルを使っていますが、腕立て伏せの実践がお金もかかりませんし、おすすめできます。

 

規則正しい生活をしましょう

早寝、早起きして、三食きっちり食べましょう。昼にまとめて食べるから大丈夫、ではありません。栄養素もしっかり考え、ちゃんと朝食を食べましょう。

 

間違った太り方はダメです

間違った太り方はダメ
上でも書きましたが、これを読んでいる方の中で「とにかく太れればいい」という方はいないと思います。

 

健康的で丸みを帯びたふっくら体型になりたい。

 

魅力ある女性らしいボディになりたい。

 

シンクロナイズドスイミング選手みたいなアスリート体型になりたい。

 

身長とバランスのとれた体型になりたい。

 

などなど、なりたい自分があると思います。

 

せっかく時間とお金を使って太るために行動を起こし、努力するわけですから、間違った方向に進むのは止めませんか?

 

高カロリー食品を食べまくる

とにかく太りたい。脂分を取ればいいんでしょ?ということで、ジャンクフード、インスタント食品ばかり食べるのはダメです。そもそも、太れない人は胃腸が弱いので、高カロリー食品の食べ過ぎによって、体を壊す危険性もあります。

 

また、無理して食べると下痢や胃もたれを引き起こす上に、生活習慣病のリスクも高まります。

 

寝る前に食べる

食べて寝ると牛になると言われるように、寝る前に食べると確かに太りやすくなります。特に深夜0時から2時はとても太りやすい時間帯と言えます。ただ、この時に摂取した栄養はお腹の下部分に貯まるので、お腹だけぽっこり体型になります。

 

それでもいいんですか?ただ太るのではなく、魅力ある体型になるのが目標ですから、夜の寝る前に食べるのはNGです。大事なことだから、2度言います。夜食は太ることはできますが、健康的ではありません。

 

どうしても夜寝る前に何か食べたい場合は、夕食の量を増やすという手もあります。また、プロテインがおすすめです。プロテイン自体のカロリーは意外と低く、1杯約200kcal程度です。半年続ければ半年で約36000kcalです。計算上は3キロから5キロは太れます。

 

噛まずに食べる

とにかく食べれば太る、ということで飲み込むように食べる人もいますが、これも間違った太り方です。そもそも、太れない人は胃腸が弱いので、食べ物を噛まずに胃腸に運ぶことは胃腸にとても負担です。

 

逆に、胃腸に負担を掛けると消化も吸収もされず、そのまま便として排泄されて終わりです。体に負担だけ残るだけとなります。

 


読んだら太りたくなる痩せ過ぎのデメリット

男性は細すぎる脚に魅力を感じない

魅力が半減しちゃう

ぶっちゃけ男性は痩せ過ぎている女性に魅力を感じないようです。残念ですが、事実です。

 

男性は本能として子孫を残したいと思う動物ですから、安産型体型の女性を無意識に好みます。ヒップとウエストが10対7、これが安産型の黄金比率なのだそうです。

 

さらに、細すぎる脚にも魅力を感じないそうです。男性が魅力的に思う脚は、引き締まった足首に、多少のボリュームがある太ももだそうです。

 

痩せすぎは体が弱くなる

痩せ過ぎは健康にもよくありません。

 

体調不良

貧血、冷え性、生理不順、肌荒れ

 

疲労感

慢性疲労、肩凝り、筋肉痛、体力が足りない

 

発病しやすい

糖尿病、慢性胃炎、骨粗鬆症など

 

体型に関しネガティブで勝手なイメージを持たれる

ネガティブなイメージ

 

痩せすぎな人なら小さいころから体験しているとと思いますが、容赦なく傷つくことを言われます。

 

太っている方にデブと言うのは「言ってはいけない」言葉と世間一般的に思われていますが、痩せすぎの人に「ガリガリ」と言っても、あまり悪いことではないという風潮があるように思います。

 

食べてる?貧乏なの?入院してた?痩せ過ぎで気持ちわるい!などなど。

 

中には容姿的な部分を卑劣にも攻撃してくる人もいます。

 

お洒落が難しい

ファッションの世界は、中庸です。一般体型の方を基準に作られているのです。ですから、極端に太っていたり、痩せていたりすると着る服がありません。

 

最近では、大きいサイズ専門店などがあり、太っている方のファッションの悩みは解消されつつあるようです。でも、痩せ過ぎさん向けの専門店は聞いたことがありません。小柄さん向けの専門店はありますが、痩せ過ぎの人は一般サイズのお店で選ぶのですが、これが難しいのです。

 

間違った服を選ぶと、痩せ過ぎが強調されてしまいます。見た目だけでなく、サイズ的にも苦労します。ズボンもスカートも小さいサイズを選んでも、ユルユルです。

 

妊娠時もリスク

女性の場合は、痩せていると出産時にも大きな影響が現れます。妊婦が痩せ過ぎていると、生まれてくる赤ちゃんも低出生体重児(ていしゅっせいたいじゅうじ)の可能性が高まるのです。これは出生時に体重が2,500g未満の新生児のことを言うのですが、低出生体重児は身体や知能の発育面でのリスクが高まります。

 

ちなみに日本はヨーロッパやアメリカなどの先進国と比べて低出生体重児の出生率が非常に高く、約10人に1人の割合で低出生体重児が生まれます。これは インド、南アフリカ、インドネシアと同じくらいのレベルだそうです。


では、太るメリットって何があるか考えてみた

太るメリット

バストアップする可能性があります

痩せすぎの女性は、太ることでバストアップする?

 

乳房は約90パーセントが脂肪ですから、皮下脂肪を増やすことによって胸囲が増える可能性もあります。

 

太ると同時に、胸に関連する筋肉(大胸筋)を鍛えるといいかも知れません。また、女性ホルモンの分泌を促すこともいいでしょう。

 

ただ、バストアップに関しては科学的にしっかりした根拠がありません。ササミやチーズを食べる、バストアップ専用のサプリなど、巷にいろいろ方法はありますが、どれも「もしかしたら」程度に考えるといいでしょう。

 

また、太れば必ずバストアップ効果があると言うわけでもありません。

 

バストや柔らかな体つきには、女性ホルモン「エストロゲン」が大きく関係しています。

 

太れば外見上にもメリットがたくさん

太るとメリットいっぱい

魅力が増し、見た目のコンプレックスが無くなる

一番大きなメリットは、コンプレックスがなくなるということでしょう。今まで外見が痩せ過ぎていたために、引け目を感じていたあなたも、理想の体型を手に入れることができれば、自分らしく振る舞えることができます。

 

気になる異性の前で、億することもありません。それどころか、気になる異性があなたの前で緊張する事態は発生するかも知れません。

 

好きな服が着れます

それに、好きな服が着ることができます。服屋さんに行って、好きな服を選び放題です。似合う服がないからと言って、重ね着してごまかす必要もなくなります。

 

薄着が似合います。水着もOK

夏場も薄着で人前に出ることができます。友達と可愛い水着を着て、海やプールに遊びに行き、心の底から楽しめます。

 

体力が増し、アクティブな毎日

そして、健康的な日々も手に入ります。体力不足が解消され、毎日イキイキと過ごすことが可能になります。性格も変わります。内向的から外交的な新しいあなたに変わります。スポーツの練習を通して、新しい出会いがあるかも知れません。

 

体の不調がなくなります

なんとなく感じていた体の不調が、一転して絶好調に変わります。基礎代謝があがり、冷え性が消え、肌荒れなども改善されます。

 

将来への不安も減ります

太ることができれば、痩せすぎのまま加齢することへの不安も減るでしょう。痩せすぎだから骨粗鬆症になるのでは?糖尿病になるの?と言った不安も減り、精神的な安定も手に入ります。

 

悩みが減って、時間が増えます

悩みが減れば、ネットで検索する時間が減ります。本屋で本の題名から、自分に合った本を探す時間が減ります。悩み対策に使っていた時間が他のことに使え、時間が増えます。

 

きっと、有意義な人生となり、色々と好転しだすでしょう。自己啓発っぽい言い方ですが私がそうでした。


短期間で太ることにはリスクがあります

短期間で太ることのリスク

恒常性でリバウンドする可能性

急激に痩せるとよくリバウンドすると聞きますが、急激に太っても同じ現象が起きます。

 

体には恒常性があります。これは、生物のもつ重要な性質のひとつで、常に体の状態を一定に保とうとする作用のことです。ですから、急激に痩せたり、太ったりするとこの恒常性が働き元に戻そうとします。

 

それに、急激に太ると内臓に負担がかかり、却って不健康になる場合もあります。

 

体の恒常性と健康を考えると、短期的に太ろうとせず、最低でも半年から1年は腰を据えて、デブエットすることが大事です。人が太るのって時間もかかりますし大変なんです。だから、腰を据えることが肝です。

 

病気の可能性があります

もし、短期間で急激に太ったら病気の可能性もあります。生活習慣病が発症しているかも知れません。

 

生活習慣病とは高血圧、脂質異常症、糖尿病などです。これら生活習慣病には自覚症状がほとんどないため、気づかないうちに脳や心臓、血管などを痛めつけます。そして、ある日なんの前触れもなく狭心症や心筋梗塞、脳卒中など、生死に関わる恐ろしい病気になることがあります。

 

ちょっとでもおかしいなと思ったら、専門医の診断を受けましょう。

 

生活習慣病に関してのくわしい内容は各自ご検索下さい。


更新履歴